光明皇后

光明皇后

 日本のこわいおばさんシリーズではありません(え?この方は
こわくないって? いや、なかなかにしたたかなおばさんで一筋縄ではいかないでしょう・・)。
 大仏開眼や正倉院などで、絢爛豪華で華やかな時代を象徴する人です。
 しかし、現実には、様々な揉め事があり、聖武天皇という人は神経質で、かなり付き合いにくい人であったのではないかと想像しますので、この人を夫として、まあ、それなりに大変であったと思いますが、この夫が東大寺に夢中になってからは、現実的に彼女がしっかり表向きをとりしきったようです。。母の橘三千代という人も大物であったと思いますが、この方も未亡人になってからは実の娘をおもてにたててなかなかの「役者」だったのでしょうね。
 武則天などの華麗な時代の情報を得て「私もがんばらねば」と思ったかもしれません。
2007-10-20
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる