仏御前

仏御前

 平家物語の特集ではないのですが、小督やら隆房が出たので、男装の芸能人のこの人を出しましょう。
 白拍子といえば、もう静御前が有名ですが、時の権力者平清盛おかかえの美少女スターといえば、まあトップクラスではないでしょうか。仏御前の話は、祇王とセットになっていますが(神)祇王と仏御前で、神と仏の対比だという人もいます。
 祇王は、清盛寵愛の都一番のダンサーですが、若い仏御前が紹介状もないのに清盛邸に出かけ、オーディションを受けたいとねじ込み、清盛はあつかましいヤツと取り合わないでいました。
 すると、仏心を起こした(ダジャレでゴメン)祇王が「一度見てやってはいかが?」ととりなし、結局、若くて元気のいい仏御前が気に入ってしまった清盛は、祇王を追い出し、彼女は出家してしまいます。
 世の無常を知った仏御前は、いまだ人気の絶頂にあって引退し、祇王と一緒に仏門に入る・・という、なんだか出来すぎたような諸行無常のエピソード。まあ、そういう趣旨のフィクションでしょうか。
2007-10-14
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる