幻太夫

幻太夫

 明治の遊女というものは、どのようであったのでしょうか。江戸の遊郭の面影を残しながらも、時代の変遷に敏感に反応したかもしれません。
 まるで、江戸初期の粋な遊び女のように、前髪を左右に分けて垂らし(あるいは、男性の断髪を意識したのかもしれませんが、前髪の長い書生風?)、高く結んだ髪を髷にせずにたらした髪型は、かなり新鮮なものではなかったでしょうか。そして、なにより、着物の大胆などくろ柄。明治版メメント・モリでしょうか?
 月岡芳年の絵に見える東京の大松楼の遊女で、画家自身もひいきにしていたという幻太夫(この源氏名も粋ですねえ)を描いてみました。
2007-07-09
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる