明治の女官

明治の女官

 神宮外苑の聖徳絵画館は、建物も、大正時代の建築で面白いのですが、明治天皇夫妻の事績を顕彰するために、歴史的場面を描いた大きな絵画が80枚、時代順に展示されています。
 歴史の教科書に登場するおなじみの大政奉還の絵や、場合によっては岩倉使節団の出発風景などもしばしば取り上げられていますが、このような有名な絵ばかりでなく、文明開花の世になって皇后も色々な仕事をされるようになり、つき従った女官の姿も絵には描かれています。
 明治の初め頃には、おすべらかしに緋の袴のいでたちで、赤いハイヒールを履いているのが面白いのですが、明治42年の鑑菊会の絵では、皇后も女性皇族も、女官も全て洋装になっています。
 新旧の姿を二人並べてみました。  
2007-03-10
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる