有職雛の女雛

雛

 明治時代初めころの有職雛の女雛です。
 男雛も顔立ちは童形で作られていますが、衣装は狩衣に立烏帽子。
 女雛は、袿(うちぎ)姿。紫の小袖に緋の袴。髪型はおすべらかしながら、前髪を垂らして、可愛らしく作ってありました。
 季節はずれですが、旧暦では・・・というか関西では、4月まで雛祭りですので・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

綺麗ですねぇ

いつもながら美しい絵に感心しております。
この顔立ちは明治初年であるよりももう少し今に近い顔立ちのようですね。
衣装の柄もずいぶん立派。すばらしい。

ありがとうございます

明治のお雛様、御顔をそっくりに描いていたら、目が小さくなりすぎて、少し修正しました。眼が小さすぎると、子供っぽく見えない・・・のは、現代風のディフォルメに慣れてしまったからでしょうねえ。御所人形も、古いのはものすごくリアルで、可愛いというより「賢者」っぽく見えますし・・。時代性でしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます。

コメント有難うございます。色んなネタ探ししてますので、ぼちぼち、まだ書きますので、今後ともよろしく♪
プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる