聖セバスティアヌス(着衣)

聖セヴァスティアヌス2

 聖セヴァスティアヌスといえば、もうすでに一度出しましたが、裸で縛られて体中に矢が突き刺さった(矢の数や刺さっている場所は注文主や画家の好み?)スタイルで描くのが当たり前になっていますが、カルロ・クリヴェッリの描く聖母祭壇画の聖人は、ちゃんと服を着ています。
 それだけでなく、当時のヴェネツィアあたりの洒落者の若者と同じような豪華で美々しい衣装。手には矢をもち、弓を足元に置いて、剣を佩いているので、武人としての正装スタイルなのでしょう。
 きれいに切りそろえられた前髪に、櫛目もバッチリのヘアスタイルに真珠の髪飾りという「おしゃれ」?なこの聖人が珍しかったので。
 顔立ちは若干私風にアレンジです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる