自転車に乗る男

ツィードラン

 ツィードを着て自転車で走るというイベント「ツィードラン」の画僧を見ていて、思いついた。
 20世紀初頭の英国調スポーツウェアーのニッカーボッカーは、クラシカルな自転車に似合うなあ・・と。
  しかし、自転車が、そもそもどこで発明されたのか・・ということについては、ドイツだ、英国だ、いやフランスだと、それぞれの国が発祥の地を表明しているとか。
 しかしもともと、子供の玩具の木馬に車を付けて、それにまたがって足でけりながら進んだ遊具だったとか。
 1813年にドイツで、ドライス男爵が、こういった木馬風のものに、本格的なハンドルをつけ、進行方向を決められ、足蹴りで進んだものが発明され、それが、今日の自転車の始まりとされているそうです。
 そしてペダルが発明されたのは、1839年で、スコットランドの鍛冶屋さんが工夫したそうです。
 以後、様々な工夫を経て、1879年にイギリスで、前後のギアをチェーンで結ぶ駆動方式が発明され、今日の自転車の基礎ができました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる