ヴィクトリア朝の人々

ヴィクトリア朝の人々

「ヴィクトリア時代の衣装と暮らし」(石井理恵子・村上リコ・新紀元社)。
 こちらでいえば明治村みたいなところで、復原されたヴィクトリア時代の街で、それぞれの職業人に扮している普通の人々のコスプレを集めた写真集。これが面白かった。
 本当にそのへんのおばちゃん、おっちゃんたちを、現代のおばちゃん、おっちゃんたちがやっているんです。
 衣装も、時代考証をして特別に制作しているんですが、なるべくその時代風のものを身に着けた人々の写真集。
 美人で気取った上等の衣装を着けた上流階級の貴婦人や、ビシっとした服装の貴族なんて、出てきません。
 印刷屋は上着を脱いで、黒い袖カバーとエプロン。でも、手はインクで汚れているのはちゃんと仕事してるから。
 鉄道整備員はズボンもベストも、元の色が何色だったかわからないくらい汚れているけれど、これは職業上のプライド。手にするスコップは、井上勝も持っていた。髭をそれば、けっこうハンサムかも・・?
 リッチフィールド伯爵家のキッチンメイドは赤の細いストライブの服に白いエプロン。
 ランドリーメイドは青、ハウスメイドは紫のストライブと決まっていたんだそう。エプロンだって、ごく普通の白いもの。  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる