ダリア叔母さんと謎執事グロソップ

おばさんと執事

またしても、ウッドハウスのジーヴスシリーズです。
 国書刊行会のジーヴスものの10巻目、「ジーヴスの帰還」
 バーティを不倶戴天の敵とみなしているサー・ロデリック・グロソップ氏が、バーティと「共闘」する事件がおこります。
 この方は、当初、バーティの従兄弟の双子らがあくどいイタズラをしたせいで、バーティは「くるくるパー」だと思い込んだり、また、牛型クリーマー!の件では、バーティは「泥棒癖」があると決めつけ、はたまた、湯たんぽ穴あけ事件がおこって、ベッドを水浸しにされたので、アタマに来てしまったことなどから、まあ、ものすごくお互い『会いたくない人間ナンバーワン」だったんですね。
 それが、2人して顔に墨を塗ってひどい目に合う冒険(サンキュージーヴス)を経て、なぜか少しお互いを見直す・・といったところまでこぎつけていたんですが、ここにきてついに「友情」が芽生える。
 巨大な禿げ頭、もじゃもじゃの眉毛が特徴の高名な精神科医の御年51歳の紳士ながら、まあ、恋する貴婦人のために黒人バンドマンのマネをしてみせたりするお茶目?で果敢なところはあったんですが、今回は、ダリア叔母さんちの執事のふりをして、お屋敷に登場。
 ただ、叔母さんちの絶品シェフの料理のみを楽しみにして行ったところが、この禿げ頭モジャ眉の「執事」があらわれ、仰天するバーティも見もの♪
 それには、ダリア叔母さんと、サー・ロデリック氏共謀の「深い陰謀」があるんですが、それに振り回されるのは相変わらずのバーティのみ。しかも、今回もまたトムおじさんの牛型クリーマーがらみ・・。
 まあ、この中年コンビが面白かったので、クセものの二人を・・。
2016-01
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。いつもお世話になっております。
わー。おハゲちゃんに、濃ゆい眉。グロ+イソップ=グロソップ?などと下世話な連想をしてしまいました。

おかぁさーん、大人の世界は難しいよー、な心地です。

こんばんわ

コメント有難うございます。
濃い顔のおじさんおばさんが面白かったので、思わずこの二人を♪
グロソップ御大は、「執事としての名前」はカジキマグロでした。安物の魚だそうです。日本で言えば「おい、いわし」とかかなあ?
プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる