夢二館の女

夢二館の女
 
 京都で竹久夢二のゆかりの地というと、清水の二年坂です。
 今はものすごく内外の観光客が押し寄せていて、ちょっと観光シーズンには行くのを躊躇してしまいそうな場所ですが、すさまじい人の流れのある坂の途中にひっそりと碑がたっていますが、ほとんどの人が見逃していそうです。
 この夢二寓居の近くに、レトロカフェの「五龍閣カフェ」で夢二作品が少し展示されています。
 この建物は松風嘉定(しょうふうかじょう)の居宅跡で、武田五一の設計になる洋館です。
 正式名称は旧松風嘉定邸という、まんまな名前ですが。この松風さんは義歯の開発で財を成した人物ですが、竹久夢二とも親交があったということで、ここに作品があるそうです。
 この五龍閣は、なかなかの洋館で、サンルームのステンドグラスなども、ちょっと稚拙な観があるとはいえ、とても雰囲気がありますし、正面の大階段もなかなか。
 ということで、単にレトロな女性を描いてみたかったというだけの理由ですが、五龍閣サンルームの出入り口のアーチ扉を背景に貼ってみました。
 こっちにも少し記事を書いています。
2015-09-14
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる