浪または石投女(いしなげんじょ)

浪(石投女)

 熊野の海は太平洋に面していて、荒波にさらされ、また海岸線には奇岩がたくさんあります。
 そのためか、遭難についても伝説が多くあり、串本から潮岬をまわったあたりで、日本のローレライとも言う、岩に腰かけて黒髪をとかす女や、沖を通る船に石を投げて沈める女怪などがあります。
 また月の美しい夜に一人で月を見上げると、桂男に引き込まれてしまうとかいうのもあって、海に面したあたりは、この世ならぬものが住むとされていたのかも。
 熊野の海は補陀落に通じているんでしょうしねえ。
 でも、このお浪さんも、石投げ女(いしなげんじょ)も、勿論、桂男も他の地域にもある伝説で、必ずしもこの地方独特のものではありませんが、まあ、海の「怪」としてはありふれたものなのでしょうか。
 しかし、それらのあやかしが、迫力を持って語られるというところが、この熊野の海なのかもしれませんね。
 岩場に座って髪を梳かす日本のローレライのイメージで。
2015-08-18
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

ヨリックと申しております。
とてもユニークで素敵な人名辞典です。
これからも続けて見せていただきます。
白山の麓で生まれたので、菊理媛、白山の水で醸造した菊姫などのお酒を愛飲しております。
これからもよろしくお願いいたします。

こちらにも有難うございます

今まで、2000人を目指してやってきましたが、2000人描いたところで、少々、気力ダウンしていますが、ぼちぼちやりますので、宜しくお願いします。
プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる