松永久秀

松永弾正

 
 岩成友道をだし、三好長慶を出して、足利義輝を出したなら、やっぱりこの人もでなくっちゃあ・・ということで、稀代の悪人と言われている松永久秀です。
 三好長慶のもとで、めきめきと力をつけ、不動のナンバー2になりましたが、陰謀をめぐらし、長慶の弟やら息子を毒殺したとか。
 長慶の死後、将軍を殺し、大仏を焼いたということで天下の大悪人だと言われたというのですが、これを言ったのが織田信長
 松永久秀にしてみたら、「お前に言われたくないわ」と思ったでしょう。
 この悪逆ぶりというのも後世の伝説で、もともと三好家の家来筋で四国の阿波から来たとか、摂津の高槻あたりの出だとか、出自も明らかでなく(根強く残っているのは斉藤道三と同郷という説。歳の差は6つくらい久秀が下)、いかにも梟雄というお膳立てがそろっている。
 しかし、若い頃はなかなかの美男子だったそう。
 気品があって趣味のよい文化人で信仰心のあつい敬虔な人だったので、比叡山を焼き討ちするような信長に愛想を尽かして、本願寺と呼応して反逆しようとしたとか言われています。
 でも、松永弾正とくれば、イメージはすごい策略家のじいさんで、爆死伝説は強烈なインパクト!
 天下の名物「九十九髪茄子」をくれてやったのに、さらに「平蜘蛛の茶釜」をくれという厚かましい信長に腹を立て、茶釜を叩き割って自害しましたが、この話が茶釜の中に爆薬を入れて腹に巻いて爆死したというスゴイ話になっています。
 なので、松永久秀の従来のイメージで描いてみました。
 若い頃の大人しげな美男子という路線で行こうかと思ったのだけれど、誰じゃ?これ?な絵になったので、やめました。

 やっぱり、松永弾正は爆発だ~!

 彼の持っていた名物「九十九髪茄子」については、日記のほうに書いてます。 
2015-05-20
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる