岩成友道

岩成友通
 
「悪名高い」松永弾正久秀に比べたら、誰?それ? 状態なのが岩成友通
 しかし、三好三人衆といえば、ああ・・というくらい三好の悪行を代弁する三人組ですが、その三好三人衆の一人で(ほかの二人は、三好長逸、三好政康)、一人だけ、三好一族ではないんですが、いっぱひとからげにされています。
 出身地も定かではなく、大和か、京都かよくわからないけれど、三好本家の阿波ではないことだけは確かなようなので、この人も松永爺さんと同じく、現地採用なんでしょうね。
 三人衆と言いながらこの人は、将軍足利義輝暗殺は勿論、松永久秀と東大寺で戦い(この時大仏が焼けた)、義輝の弟足利義昭が織田信長に擁されて上洛してくると、織田軍に激しく抵抗し、信長が一時帰国したスキに将軍義昭を襲撃したりして(これは信長が戻ってきたので敗走)、なかなかしつこい戦いをしてます。
 結局、最終的には淀城に立てこもっていたけれど、織田軍に内通していた部下の裏切りによって落城。
 その戦闘の折、敵と組みあいながら堀に落下して打ち取られました(三人衆の残り二人は、三好氏の本拠地阿波にのがれて行方不明になってますので、最後まで戦ったのは彼一人ということになりますかねえ。
 別名を岩成長信といったそうですが「俺の名前を逆さ読みしたみたいなやつに負けられるか!」って思っていたかどうかは知りませんが、年齢は、ほぼ信長と同年配だったようです。
 で、岩成友通の絵としては、幾芳の敵兵を踏みしだき、髪を逆立てた勇猛な錦絵がありますが、あえて、一歩引いた感じで。
 三好三人衆の中では比較的年齢も若く、一族でもないので、自分独自の行動原理を持っていたのかな・・とも思えますので。
 衣装は、三好時代を描いているかもしれないという、かの「高尾観風図屏風」の宴会する男たちの中の一人の衣装です。
 辻が花の小袖に、段替わりの肩衣袴で。
2015-05-27
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる