丹羽長秀

丹羽長秀

織田信長の重臣。
 織田家に仕えて、家令のような立場だったのか、地味な人物・・というイメージ。
 また、秀吉にはうまくたぶらかされた・・というか・・。
 あくまで織田家の御家のためを思っていたのに、なんだか強引にサル殿に引きずられて、彼の天下取りに協力してしまい、結局いろいろ気使って、胃潰瘍か胃がんになって死んだ・・みたいなイメージですが、母親が織田信秀の娘だったとかいう説もあるそうなので、そうだとすれば、信長の甥ですよね。
 年齢も彼が一つ下。彼もまた、アグリッパだったのかしら・・。
 それはともかく、先日、大坂城にいきましたところ、まあ、今年は大坂の陣400年とかで、ものすごくにぎわっていまして、エライめにあいましたが、大阪城博物館に展示されていた「賤ヶ岳合戦屏風」が目につきました。
 これに登場する丹羽長秀は、華麗なる孔雀の羽の陣羽織姿
 こちらに孔雀の羽の陣羽織のこともちょっと書いています。
 派手ないでたちながら、心境はどうだったのかなあ・・と。
 屏風絵には、彼の隣には、更に派手な虎皮の陣羽織を着た秀吉がいますが、こっちはあまり似合ってない。
 ちょっと色合いを地味目にしてみました。
2014-10-25
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる