新沢千塚の貴人

新沢千塚の貴人

  「歴史に憩う橿原市博物館」という、長ったらしい名前の博物館に行ってきましたよ。
 目的は勿論、新沢千塚126号墳です。
 ここは、重要文化財に指定された数々の出土品で有名なところです。
 被葬者は、華麗な耳飾りや、腕輪に、指には8つも指輪。首飾りに、歩揺がついた透かし彫りの装飾金具(冠帽の装飾といわれています)、ガラス碗や瑠璃ガラスの皿も出ました。勿論太刀もありますし、もあります。
 熨斗(のし)や漆器なども出たし、たくさんの指輪などから被葬者は女性ではないかという説もありますが、あの大きな太刀は男性じゃないでしょうかね。
 頭のところの飾り金具も、北燕に同じようなものがあり、頭の前に一枚だけ飾りをつけるのって、これがなら、大陸ではよくある冠前の飾りでしょうが、残念ながら蝉ではないようで、どうも龍らしいとのこと。
 北燕から高句麗などと関係のある一族の長といったところでしょうか? 
 ビラビラの歩揺も、胸の部分だけなので衣服に縫い付けられていたのではないかとかいう説もあるそうですが、あんなのがビラビラついた服があるのかしら?
 むしろ冠から垂れ下がる紐とかにつけられていたのではないかとか、いろいろ考えましたけど、藤ノ木古墳のように覆っていた布につけられていたのではないかと考えてみました。
 またベールの後ろに縫い付けられて背中に垂れていたとか?
 よくわからないけれど、あれだけビラビラがある上に歩揺は、冠装と言われる四角い透かし彫の周りにあるのと同じなんですよね。
 で、苦し紛れにこんな風にしてみました。
 冠は高句麗壁画によくある武人の冠。鳥の羽がついています。
 正面に装飾があるのがあるし、なんとなく韓国ドラマにこういう鉢巻きした古代人がたくさん出てきますよね。あれは何をモトネタにしているのでしょうか? 花郎かしら?
 服装も高句麗風で。襟の文様は、飾り金具の龍を丸文にしてみました。モトネタというか資料はこちらにちょっと書いています。
2014-09-07
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる