千金公主(大義公主)

千金公主

 突厥帝国のお話です。
 南北朝の混乱期から隋・唐の統一王朝が出来る戦乱の時代に、北朝のお姫様に千金公主という女性がいます。
 彼女は、北周の武帝の弟宇文招の娘です。
 突厥の実力者であった木干可汗(阿史那皇后の父)が死ぬと、後継争いでもめて、結局、息子ではなく弟の他鉢(タバトル)可汗がつぎます。
 この可汗は、戦いに敗れた北斉皇族の高紹義の亡命を助けて、北周の北辺を荒らしたので、北周の逆鱗にふれ、交戦状態になりました。
 しかし、北征中に武帝が死に、代替わりすると、態度を変えて北周に公主の降嫁を求めます。
 「このへんで、なかよくせえへんか?」という提案でしょう。
 宣帝は、戦をする気はなく、あっさりと承諾し、従姉妹の千金公主を他鉢可汗のもとに輿入れさせます。
 かわりに高紹義が、北周に引き渡されたのは取引です。
 しかし、この可汗はすぐに死に、後継者争いはまたしても、ごたごたしますが、結局、甥にあたる沙鉢略(イシュバラ)可汗が引き継ぎ、千金公主もこの新しい可汗に再婚することになります。
 その間、北周の王朝が滅亡し、彼女の父や一族も楊堅に殺され、隋の王朝が成立してしまいました。
 公主は、大いに嘆き、新しい夫に、隋に復讐してほしいと懇願します。
 この可汗は、もしや自分が北周の皇帝を称することができるかも・・と夢見たのか、大軍を率いて隋の北辺に侵略します。
 しかし、隋は策略千年の中華の大国です。
 常に内紛を抱えている突厥の貴族たちを揺り動かして得意の離間の計。
 突厥汗国は分裂しはじめ、足元に火がついてきたし、味方に背後をかかれそうになります。
 このままでは、北周の仇討どころか、突厥の可汗国自体があぶない。
 ここで、千金公主は、大きな賭けに出る。
 仇敵の隋の文帝楊堅に手紙を書きます。
 「私は周の皇族です。英明なる陛下の温情にすがって、隋の王族にしていただけないでしょうか?」というもの。
 つまり、どうぞ、私を娘分として突厥との和平の絆としてほしいというものです。
 隋としては、突厥対策に、利用価値ありとみて、彼女を養女として大義公主の名を授け、沙鉢略可汗を「婿」と認めます。
 沙鉢略可汗はすぐ死にますが、そのあとを継いだ息子の都藍可汗が、隋の公主となった大義公主の三番目の夫になったのは勿論です。そういう政略結婚なのですから。
 そして隋の文帝楊堅は、悲願であった南朝の陳を滅ぼし、天下統一を果します。
 その南朝攻略の土産に、陳の王朝からかっぱらってきた屏風を大義公主に送ってプレゼントします。
 意味は「あなたのおかげで天下統一ができたよ。ありがとう」と、「隋の王朝はもう、こんなに強くなったから、あんたにはもうどうにもできないよ」と言うことでしょう。
 思いがけない雅な品を目にして、彼女は、つい本音が出たのでしょうか。
 流浪の貴人を嘆くような詩を書きます。
 彼女の悲運に、南朝の皇族の悲劇を重ねて、征服王朝の残酷さを非難しているともとれます。
 これを聞いて文帝が不機嫌になったのは当然でしょうね。
 彼女も隋を滅ぼすことを実はあきらめていなかった。
 夫たる可汗も煽動していましたし、隋に不満を持つ漢人や、旧王朝の人物たちと連絡をとっていた。
 彼女のもとで安遂加という人物も暗躍していましたが、これは公主の愛人といわれています。
 安という姓からペルシャ人でしょうか。
 結局、これも隋の離間の計でしょう。
 都藍可汗に、隋のお尋ね者をとらえるよう指示し、しかもその背後に大義公主とその愛人がいることがバレた。
 また、可汗の従兄弟が、可汗になりたがっているのも隋には好都合。
 大義公主を殺したら、本物の隋の公主を嫁がせると約束します。
 こうして、孤立し、謀反人を保護したかどで、隋から公主位を剥奪された彼女は、夫の都藍可汗に殺されます。
 必死に頭脳を絞って辺境で生きてきた烈女は、いまだ33歳であったと言われています。
 
 あつかましくも、都藍可汗は大義公主を殺したのだから、新しい公主を嫁にくれと隋に要求しますが、公主を降嫁されたのは、敵対する従兄弟で、隋のバックアップで、啓民可汗となり、力をそがれた都藍可汗は自分の部下に暗殺されます。
2014-06-22
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すごい!!!きれい!!
何年振りかに前のサイトにお邪魔させてもらったのですが、まだ続いているなんて…

有難うございます

昔のサイト見て頂けていたなんて感激です!有難うございます。2000人達成を目指していましたので、今新作を書くのがおくれぎみなのですが、ぼちぼち、上げていきますので、今後ともどうぞ、よろしく♪
プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる