ルキウス・アエリウス・カエサル

ルキウス・アエリウス・ウェルス

 ルキウス・アエリウス・ウェルス
 本名はルキウス・ケイオニウス・コンモドゥス
 五賢帝のマルクス・アウレリウスと共同統治者として帝位についていたルキウス・ウェルスの父として知られている人物。
 この人には何の恨みも、入れ込みもありませんが、やっぱりちょっと気の毒なので登場させます。
 なにしろ、前代未聞の超SF(すごいふろ)大作の映画のテルマエ・ロマエが、この人を悪役設定してしまったがために、とんでもないキャラになっているんです。
 とは、いいながら、ちゃっかり映画仕様のイラストになっていますね。
 わははは・・これは実は、ナポレオンを検索していて、乗馬姿の映像にひっかかりました。
 勿論、映画も見たからなんとなくこんな画面があったかなあ・・という記憶はありましたよ。
 でも、言われてみれば、ホンマにサン・ベルナール! これはもうあのスタイルをローマ人でやりたい!というのがそもそものきっかけです(実際は濃い顔の日本人ですけど・・)。
 サンベルナールは以前浮世絵風というのをやりましたが、消化不良だったもんで・・。
 それはともかく、息子ルキウス・ウェルスと同名のこの人は、ハドリアヌスの後継者指名を受けていたけれど、皇帝より先に死んだので、皇帝は、この人の息子を後継者にするために、アントニヌス・ピウスを中継ぎにし、七歳のルキウス・ウェルスと16歳のマルクス・アウレリウスとを養子にさせたという経過があります。
 ハドリアヌスはよほどこの人に思い入れがあったのでしょうが、なぜ?というところから、いろいろ言われています。
 しかし、そこそこ有能だったそうですが、むしろハドリアヌスに入れ込まれたことこそが評判を落とした原因だったのかも・・?
 よくわからないのですが、この人のお母さんがプラウティアという名前だし、もしかしたらトラヤヌスの奥さんの系譜とか?・・・五賢帝は女系が関係あると思うので、なんかそっち方面で繋がりがるような気がするけれど・・調べられませんでした。
 ちなみに、息子のルキウス・ウェルスの奥さんが、女傑ルキラです。
2014-06-13
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる