文襄六王

文襄六王

文襄六王(ぶんじょうろくおう)と呼ばれる、六兄弟は、北斉王朝の時代、高貴な生まれにもかかわらず、それぞれが悲劇的な運命をたどりました。
 高孝瑜、高孝珩、高孝琬、高長恭、高延宗、高紹信の6人。
 高澄(私たちの認定チェーザレの一人、高子恵さま! 死後文襄皇帝とおくり名された)の息子たちです。
 北斉の実質上の創始者である高歓は、自身の後継者として自他ともに認めていたのが長男の高澄ですが、即位寸前(つまり、早い話が魏の孝静帝から帝位を奪う予定だったのです)、28歳で暗殺されます。
帝位簒奪は、弟の高洋がひきついで、王朝を創始(文宣帝)します。
 北斉王朝は、初代の文宣帝は、軍才はあったものの(敵方の宇文泰が誉めるほど)性格は残虐で、淫乱、暴虐、アル中の君主として名を残しただけだし、その弟の2代目高演(孝昭帝)は、まともな皇帝でしたが、在位1年で落馬事故で死亡。
三代目の高湛(武成帝)は、兄帝の臨終の床で皇位を譲られ、保護することを頼まれていたにもかかわらず、兄の皇子を殴殺します。
それを手始めに、カリギュラ街道まっしぐら。この皇帝の時に6兄弟は宮廷に仕えたのです。

 長男の高孝瑜は、この武成帝と同い年で、子供の時は仲が良かったのですが、帝が即位してからは佞臣の讒言によって憎まれはじめます。女性問題で帝の逆鱗に触れ、宴席で腹が膨れ上がるほど酒を飲まされ、毒を盛られて、池に身を投げて死にます。

 高孝珩は、教養の高い文化人で、特に絵が得意で、彼の絵を人が本物と見間違えたというような「画聖伝説」まで持っています。
北斉滅亡の折に、最後まで抵抗をしましたが敗戦。負傷して捕虜となり、北周では、一応は賓客扱いを受けていましたが、ある宴会の席で、北周の武帝に琵琶の伴奏に笛を吹けと強要され、嗚咽して吹けなかったとか。
その笛吹き事件?ののち、すぐに死んだのは、傷が悪化したからでしょうか??

 三男の高孝琬は、母が魏の孝静帝の姉にあたる馮翊公主なので、兄弟の中では最も高貴な血筋でプライドが高く、武成帝などなんとも思っていなかった。敵襲にびびって、都を捨てて逃げようとした帝の腰砕けぶりにも腹が立つし、政治のでたらめさにも腹が立つ。
陣中で藁人形を射て憂さ晴らしをしたくなるのももっともかも。
それを祖珽という佞臣が「帝位を狙っている」と讒言します。
また帝が、孝琬が持っているお宝を欲しがって、彼の邸宅を家探しさせると(帝がこんなことするんですね!)、大量の武器が見つかったとの注進。
それに「帝の死を願っている」などと密告する側妾もいた。そして謀反の罪で捕えられ、鞭打ちの拷問にも「自分は、神武皇帝の嫡孫。文襄皇帝の嫡子。孝静皇帝の甥だ」と言ったので、帝は怒りのあまり、両膝を折って殺してしまったとか。

 そして四男が高長恭。蘭陵王です。この人は有名なので割愛。「仮面の男」です。

 五男は高延宗。安徳王と呼ばれる人です。
この人は、ひょっとしたら武人として名高い蘭陵王より、軍才があったかもしれない。
北斉の皇帝としては唯一軍才があった高洋に可愛がられ、軍人として教育されていたかも。
兄の蘭陵王の勝ち戦についても「ツメが甘い!」と批判していたらしい。
 いよいよ北斉が滅亡の間際、北周に攻めたてられて危なくなった皇帝の高緯は、すべての責任を高延宗に押し付けて逃亡してしまいます。
残った部下たちは、彼を皇帝に推戴して、最終決戦に臨みました。
皇統譜には載せられていませんが、北斉滅亡時の実質上の最後の皇帝は、この高延宗であったのです。
結局、周の捕虜となり、当初は賓客扱いを受けていましたが、自殺未遂を繰り返します。
北周は、高家の一族が謀反を企てたということで処刑決定しますが、高延宗は、それを聞いて「殺されるのは御免だ」と、自死しました。

 高紹信は、6男で、彼らの最年少の兄弟ですが、特に逸話は見つけられませんでした。
領地で、その地の女性を妻にしたということくらいですが、この人も、北周に連れて行かれて、刑死しています。

 不幸な生涯ですが、彼ら兄弟は、皆が母親が違いますが、仲が良かったと伝えられていますので、いまだ少年の彼らは楽しそうだったかも・・というイメージです。
2014-05-11
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる