木徳(五行)

木徳(五行)

五行の続きです。
 木火土金水の木徳です。
 水徳の次にくる木ですが、もちろん季節は春に相当します。
 そして色は青(緑)。ゆえに青春というのですね。
 四神でいえば青龍
 方角は東。
 星は木星。
 で、日本神話の神様は泥土煮尊(ういじにのみこと)・沙土煮尊(すいじにのみこと)という二人の神で、二人そろっているということはカップルです。
 つまり、このへんから神様は男女に分かれてきたのですね。
 製塩の神様だそうで、どろどろと固まっていなかった天地が男女・・つまり二つに分かれて、しかしまだ大地としてはしっかり固まりきらず、塩がどろどろとしている段階・・ってとこでしょうか。
 しかし、イメージとしては、青竜でしたら、竜神で甲冑をまとった男神にしてみました。
 背景は木徳というので、緑豊かな森・・の写真画像を、龍のイメージ渦巻きにということで、回転させてみましたが・・どうでしょうか? 龍ですから玉を持っています・・?
2013-12-14
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる