セバスティアン1世

セバスティアン一世

久々の洋物です。いわゆる「天正カルタ」のキングのスタイルで、ポルトガル王セバスティアン1世です。
 というのも、お正月の定番、絵カルタ(「百人一首」もふくめて)、のルーツというのはどうやら、ポルトガルのトランプのごときもの)がもとになっているらしい。
 通称天正カルタとはいうものの、必ずしも天正時代のものという意味ではないようです。
 で、日本でそれが発展して「うんすんカルタ」というものになったというのは、あちこちで目にするのですが、そもそもポルトガルのカードゲームとはどんなものか。
 絵札は、おおよそトランプに似ていて、タロット系のものと、ドイツで4種の文様があらわれ、15世紀頃イタリアで剣・棍棒・杯・貨幣の4つのマークが現れ、後にこれらがハート・ダイヤ・クラブ・スペードにとってかわった・・というものです。
 この剣(貴族)、棍棒(農民)、杯(聖職者)、貨幣(商人)の文標がポルトガルカルタにも踏襲されていたというのですが、今のジャック、クイーン、キングにあたる絵札が、乗馬姿の騎士ドラゴンと戦う女性座する王のスタイルです。
 この初期のポルトガルかるたのキングは、現在のトランプの絵札のように、キングが、有名な王様が割り振られるように、堂々とした壮年ではありません。腰かけているものの、なんとはなしにかわいらしく、少年っぽい。
 むしろ、クイーンのほうが、衣装もスタイルも堂々としていて、威厳がある。
 ということで、面白い説を読みました。
 古書で「うんすんかるた」(山口吉郎兵衛)という本に、日本にポルトガルかるたが伝わったころのポルトガルのお家事情を反映して、キングのモデルは、3歳で即位して長らく祖母が摂政をしていた少年王セバスティアン1世で、威厳あるクイーンは祖母のカタリナ・デ・アウストリアではないか・・というものです。
 真偽の程はともかく、面白すぎませんか?
 摂政皇太后カタリナは、かの有名なファナ女王とフィリップの娘で、カール5世の妹。
 セバスティアン自身は、母方でカール5世の孫ですから、フェリペ2世の甥にあたります。
 しかもかのフェリペ2世の娘イサベルに求婚していたのに許してもらえなかったらしい・・。だから、戦功を立てたくてかどうか、24歳の時、アフリカ遠征をして戦死しました。
 衣装は勿論スペインふうですが、杯のキングです。
 背景に張り付けたのが「天正かるた」。右の縦4枚のドラゴンと戦う女性がいわゆるクイーンですが、当時の絵札では「女従者」という位置づけもあるらしいです。どちらにしても、勇ましいです。 
2013-01-22
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる