リリス

リリス

 はなはだ、正体不明の神話的人物です。
 そもそもは、メソポタミアあたりの女神ではなかったかと言われているそうですが、ややおぞましい女性の「悪魔」のような存在として知られているかもしれません。
 どいうのも、怪奇系の作家がこの人物が「好き」だからです。
 ラファエロ前派などが、「男を破滅に導く悪女」としてイメージしたし、近代になって脚光を浴びた「伝説の魔女」だからでしょうね。
 比較的新しい伝説というか、仮説としては、イヴに先行するアダムの最初の妻だ・・などというのが、いたく世間の興味をひいたらしい。
 「神によってつくられた最初の女性だったのに、淫乱で、女性上位だったために神の怒りを買い、蛇の怪物のような姿に変えられて追放された」などとされているようですが、もしそうなら、イヴは後妻ということになり、二人して知恵の実を食ったために「原罪」を得たとは言い難い。
 アダムは、もとから「清純」でなかったんじゃないの?・・なんてね。
 だからすべてイヴの子孫であるはずの人間は、原初の女性であるイヴの「罪」を意識する必要はないんですよね。

 まあ、リリトについては、いろんな「太古の女神」像が混在しているらしく、夜の女神、死の女神など、あるいは原初の地母神など多様な性格があるようですから、一概にはいえない。
 とはいえ、決して男の肋骨からできた女ではなく、当初から独立していた女性なんですね。
 「女」から魔物に姿を変える途中・・あるいは「怪物」から女になる途中・・といったイメージで。
2012-03-04
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる