ジョルジョ・ヴァザーリ

バザーリ

 やはり、この人が出なければおさまりません。
 ルネッサンスの画家にして建築家ジョルジョ・ヴァザーリです。
 ルネサンスの芸術家を知るためには、絶対に避けて通れない・・というか、この人が切り開いたからこそ、ルネサンスの芸術家が有名になったのかもしれません。この人の著作がなかったら、さほど知られなかったかも。
 去年はヴァザーリ生誕500年祭だったそうで、展示会や、旅行なども計画されたそうです。建築家としての展示会などは、まだ京都でやっています。
 で、今までも、あちこちで名前が出ているのは、この人の著作「芸術家列伝」(正しくは「もっともすぐれた画家、彫刻家、建築家の列伝」だそうです)が、当時の芸術家の、その作品評や、エピソードで満載だからですね。
 だから、ルネサンス芸術家のイメージは、この本によって決まったかもしれません。
 そして、彼の画家としての技量もそこそこだし、建築家としても活動しているけれど、これほど有名になったのは、著作のせいでしょうね。
 また、他の芸術家でも、彼の本に取り上げられたからこそ、研究対象になったり、鑑賞の対象になったりですから、まあ、ヴァザーリさまさまなのかも。
 悪く描かれた人もいますけれど、おおむね、どんな画家の絵でも「ここがいいな~! あそこがいいな~!」というのが、彼の態度です。
 ところで、彼の肖像がとしては、黒いひげのサンタクロースみたいな、しかも頭のはげあがった、縮れっ毛の少し残ったおじさん・・というのが「相場」なんですが、ヴェッキオ宮殿博物館」のHPで、カッコいいヴァザーリが登場している(知る人ぞ知るらしいです)ので、そのイメージで。まだ髪もたっぷりあります。
 予約をすれば、この人に案内をしてもらえるとか。
 そういえば、名古屋城でも、おもてなし隊の信長さまに案内してもらえるらしいですね。でも、とっても俺様な案内らしいけど、信長ならありか・・。
 でも、多分? ヴァザーリさんはやさしそう・・。

芸術家列伝1 ─ ジョット、マザッチョほか (白水Uブックス1122)
2012-01-21
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる