黙示録の天使

マッチョ天使

 この間から、イタリアルネサンスの画家たちの画集に凝っています。時代が時代で、いろんな場所でいろんな画家が活躍しているのが面白くて、ちょっとハマっています。
 で、今日は、シニョレッリです。この人の「新しさ」というか斬新さをいち早く見出したのは画家のジョバンニ・サンティという人で、まだ若かった彼の画風が革新的だと言っているそうです。
 このサンティという名前・・そう、彼はラファエッロのお父さんです。
 シニョレッリの筋肉質な新しい裸体画はミケランジェロに影響を与えたという説もあるそうですが・・。
 シニョレッリの絵で有名なのは、たぶん黙示録の壁画で、地獄の部分。
 悪魔がいっぱい出てきて裸の人間たちをいじめているところだと思います。以前、その悪魔も描いてみました。
 しかし、同じ壁画で「復活」の部分には、この人の「肉体好み」があますところなく出てきています。
 天使のラッパで、地底から出てきて目覚め、骸骨のまま立ち上がっているのから、痩せた背中が復活途上のやら、完璧な肉体を誇示してこっちをむいて立っているのやら、いろいろがぞろぞろ・・。
 これらの「肉体派」もなかなかなのですが、そのラッパを吹いている天使! 逞しすぎる! 着物の上半分を脱いでご自慢?の裸身をあらわにし、下半身も足丸出し。翻る衣がかろうじて腰のひもだけでとどまっているかのよう・・・って、この衣装の翻り方は、どこかで見たことがある・・。・・そうでしょう? 金剛力士ですよ。
 まさか、シニョレッリがこれを見たのではないとは思いますが、仏像っぽい天使が面白かったので描いてみました。
 右足の指を曲げてのふんばり方や、盛り上がった足の甲など、日本の仏像や、浮世絵の力士の絵なども思い出します。
 天使の吹いているラッパについては、Cuccioraさまが書いておられました。こちらです。
2011-10-19
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる