八上姫

兎風

 今年はウサギ年ですので、因幡の白兎にちなんで、神話の美女八上姫(やがみひめ)です。
 そもそも、因幡の白兎は大国主命のお話ですが、どうして大国主命が大きな袋を背負っていたかというと、いけずなお兄さんたちの旅の荷物を運ばされていたってことですが、何しに旅をしているかというと、この八上姫への求婚旅行なんですね。
 結局、ウサギにイジワルをした兄たちではなく、親切にした大国主命が、姫に選ばれたというお話です。
 この姫様は、因幡の八上の里の姫ということですから、地域の女首長、つまり女王であったのかもしれませんね。
 白うさぎファッション?の姫にしてみました。
2011-01-01
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる