古式サッカーの競技者

古式サッカー

 フィレンツェの古式サッカー(カルト・ストーリコ・フィオレンテーノ)については、サッカーの起源である(別の説もあり)とも言われているようですが、足しか使わないサッカーとは別物で、手も足も勿論、体当たり、飛びつきなんでもありの激しい競技で、ボールを介しての集団レスリングみたいな感じかなあ。
 セレモニーでは優雅な中世の衣裳を着ています。
 もともと、兵士たちの訓練のための競技だったみたいで、そういえば、この衣裳(ズボンだけですが)バチカンの衛兵にも似ていますよね。競技がはじまると上半身裸になるみたいです。
 チームは赤・白・緑・青の4組で争われます。
 この色合いを見れば思い出すのは、勿論あれですね。古代ローマの戦車競争! これまた各サポーターというかファンというか、応援する連中の激しさも相当なもので、この古式サッカーもかなり激しいものだそうで、場外乱闘などがすごいので、最近も中止されたりしたそうです。
 この競技をモデルにしたのであろうかと思われるのが、「裸のローマ帝国2000と2分の一前」に登場していました。コロッセオのような競技場で試合をしていた。この映画は、レスリー・ニールセンの「裸シリーズ」ですが、イタリアで撮影し、イタリアのコメディ俳優が主人公で、パロディは、かなり本格的なローマものに仕上がっています。
 今年の11月28日に、レスリー・ニールセン亡くなりましたね。
 大いに楽しませてくれたおちゃめなおじいさんだった・・。けっこう好きだったんですよね。少々下品ですが・・。(「吸血鬼ドラキュラ」はパロディの名作だと思います)和風に、ご冥福をお祈り申し上げます。 
2010-12-19
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる