人狼

人狼

 先日、ケルトファンタジー「夢の書」を読んだということをこちらに書いていましたが、この小説の重要な登場人物に、カナダ在住の狼男がいます。
 彼は、出自はフランス系なので、ル・ガルーと称していますが、カナダ現地人として世代を重ねていることは確か。
 昔、バンクーバーに行った時に、絵葉書を買って、河畔(湖畔?)をゆく毛皮を着た戦士たちの姿が、水面に映るのが全て狼であるというドラマチックな絵柄が気に入ったんですね。カナダと狼・・・よく似合う。
 それと、あちこちでやたら売っている、遠吠えする灰色狼のぬいぐるみに目がとまり、北海道の熊の木彫りみたいなお土産物だとは思いながら、ちらちら心引かれ、帰国間際に、結局「ここを逃したら、一生手に入らない!」というしょうもない勢いで、買ってしまいました。これが中国製で、カナダ限定販売なんですよね。
 バンクーバーは中華系の人が多くて(現地で会った知り合いは日本人ですが)、高層マンションの色彩や雰囲気は香港のようでしたが、ということは、中華系の狼男がいてもいいんじゃないの・・?
というイージーな発想です。
 フツーの狼男とは違って、中国では、大犬座のシリウスを天狼と称しているので、地狼がホンモノの狼。で、あえて狼男は天地人の人狼で・・。 
2010-09-15
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる