観阿弥

観阿弥

 能の大成者が世阿弥だとすれば、創始者といってもよいのが、父親の観阿弥です。
 芸能好きの足利義満に親子で認められたところから、中央で羽振りをきかし、人気芸能人として「一流」になったのですが、著作を残している世阿弥と違って、自身の書いた文献がないので伝説につつまれています。
 出身は伊賀であり、父は服部氏、母は楠木正成の姉にあたる・・とか。
 まあ・・なんとはなく伊賀の山中で謎めいていて、こういうのもいいかも。伊賀の服部といえば、服部半蔵が思い出され、則忍者。また楠木正成といえば、もうなんだか神算鬼謀の軍師。
 その子孫が芸能人として、都の将軍に取り入り・・で、まあ、役者がスパイ・・なんて面白すぎるので、ドラマにしたい人は一杯いるでしょうね。
 そんなのは、まあおいといて、観阿弥の作とされるのが「自然居士」ですが、もともと遊興芸能づくしのような、実在の円熟芸人自然居士を、思い切って少年に設定してしまい、若いアイドルによるバラエティショーみたいにしたのが観阿弥。
 しかもその少年役を、すでに40すぎた観阿弥が自ら演じて、16、7才に見えたということですから、二重にも三重にもすごい舞台人ですね。大柄だったのに、女性をやると、可憐に見えたともいわれています。
 ということで、役に没頭しようとする観阿弥。40歳なのに、17歳になりつつあるところ・・・?のつもりです。 
2010-06-16
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる