ルイス・ソテロ

ルイスソテロ

  ルイス・ソテロは、スペインはセビリア出身の宣教師です。
 ソテロは、これまで日本に来ていたイエズス会の宣教師ではなく、フランシスコ会の所属です。
 もともと、日本の布教については、イエズス会が独占していましたが、日本のことが知られるようになると他の宗派も現れます。
 イエズス会とフランシスコ会はあまり仲がいいとは言えず、日本ではやや過激な傾向にあるフランシスコ会がキリシタン弾圧のきっかけを作ったという説もあるようです。
 このルイス・ソテロが日本にやってきたのは、勿論、宗教的情熱もありましたが、ユダヤ系と言われる彼は、商才もあり、野心家であったといわれています。
 そして語学の才能があり、家康や秀忠にも謁見しており、フィリッピン総督の船が漂着した時には幕府の通訳をつとめています。
 伊達政宗と知り合い、仙台にも布教。幕府が禁令をしいて捕らえられた時には、政宗は彼の助命嘆願し、仙台に迎えます。
 そして、スペインとの貿易交渉の使節・・つまり支倉常長の慶長遣欧使節のプロデュースはソテロが行ったのです。
 その後、遣欧使節は成果を挙げずに帰国、日本の事情も禁教に向かう中、再び来日して長崎で捕らえられます。
 伊達の殿様はまたしても、助命嘆願をしましたが、今回は許されず、火あぶりの刑になりました。
 肖像画は、哀しげな顔をしたちょっと「おじょうちゃん顔」なのですが、フランシスコ会といえば・・どうしても夢見るような目つきの聖フランシスコを思い浮かべてしまいますので、そんなイメーージにしてみました。
2010-01-14
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる