ベリーダンサー

ダンザーべりー

 アラビアンナイトには、マルジャーナのお話からなのか、妖しく魅力的な踊りのイメージがあります。
 それは、現在もアラブ世界といえば、ベリーダンスのイメージが先にうかぶのは、あまりにもイージでしょうか。 
 イスラムの戒律が厳しくなり、宮廷での踊り子なども廃止されましたが、民間の踊り手は存在しており、19世紀のエジプトなどでガワージ-と呼ばれた踊り子が宴会で踊っている絵などがありますが、特別に露出度の高い衣裳を着ているのではありません。
 しかし、高貴な女性の集まり(ハーレム)などには踊り子は呼ばれず、男性のみの宴会などで踊って、客が踊り子を気に入れば、後の交渉をしてもよかったそうです。日本の芸者さんと比べるとどうかと思いますが、まあ近いような存在であったかもしれません。
 国立民族博物館の「アラビアンナイト博物館」に載っているベリーダンスの衣裳は、どれも華やかで、なかなか魅力的です。その仲から、「上エジプト風」の、袖がついて、ひらひらの飾りのあるものを描いてみました。昔のガワージーの衣裳にも少し似ているような気がしたからです。
 ベリーダンスは、女性だけが踊るのではなかったようで、男性が踊るのも、これもなかなかのものです。現代の舞踏家が踊っています。
2009-09-14
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる