甘寧

甘寧

 久々に中華です。
 甘寧、字は興覇・・そうです! 三国呉の将軍ですね。
 孫権に仕えて、あばれまくった海賊(長江だから江賊か?)ですが、派手好きなやくざもの・・といったところ。
 周瑜旗下で、錦帆郎と呼ばれたいうからには、彼の船団は色鮮やかな目立ちまくりの帆を張っていたのでしょう。また、鈴をつけていたので、この音によって彼がやってきたということがわかるとかいう伝説もあることですから、♪しゃらしゃらしゃんしゃん鈴つけて~♪というような可愛いものではなくて、自ら鈴をつけた凶暴な猫を気取っていたかもしれません。 
 映画のレッドクリフには、この重要な役どころの彼が出ませんでしたね。勿論、中村獅童演じる甘興というキャラが彼を「ほのめかしている」のでしょうけれど。
 甘寧は、別に赤壁の戦いで戦死するわけではなく、長く活躍しますので、映画では、どうしても派手な戦死をさせたいがために架空の人物にしたのでしょう。
 中華の武人は本当に似たり寄ったりのイメージになってしまうのですが、頭に鈴をつけている・・という感じで描いてみました。
 
 2009-08-27
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる