猫童子

猫小僧

  古典文学や資料に「猫童子」が出てくるわけではありません。
 なんとなく、小にくたらしい中猫がうちの近所にいるので、こういう猫が人間っぽくなれば、こんな感じかなと・・。
 平安風なのは、平家物語に出てくる猫間中納言(木曽義仲に、あやしげなお椀で、茸汁を振舞われて逃げて帰った人です)と、女三の宮の唐猫(勿論源氏物語)・・大納言の姫君(更級日記に出てくる生まれ変わりの猫)とか、なんとはなしに猫って平安っぽいかな・・という独断と偏見です。
2009-08
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる