呉服屋の御客

呉服屋の客

  (引札シリーズ?は、そろそろこのへんでやめなくては・・・。)
 と思いつつ、今日もまた引札の絵柄から、流行のスタイルをした「呉服屋の客」です。
 今でも、「流行」というのが「ファッション」が第一番であるように(当たり前だ・・)、近代にも、アパレル産業がやはり流行の先端だったでしょう。特に女性が着るものに敏感なのはいつの時代にも同じこと。
 ただ、男性が、官員(公務員)や、商人(ビジネスマン)などが、政治的な意図もあって、いち早く洋装を取り入れていったのに対し、女性は、鹿鳴館などで上流階級の人が特別に洋装を始めた以外には一般的にはほとんどが着物姿でした。
 しかし、今の和装では当たり前のようになっている華やかな色彩や柄などは、近代産業の技術と繊維の発展によって生まれたもので、明治末年からのものですので、芸術作品のような染物それ自体が近代化の象徴であったでしょう。
 今、礼装と呼ばれる紋付袴や黒留袖などが「正装」と定められたのは昭和の初めですし、黒い喪服も大正を過ぎてから次第に一般化したものです。
 さて、呉服屋の客のカップルは、男性は和服の上にとんび(二重回し)というコートを着て帽子を被っています。とんびは、インバネスコートを、着物の上に着られるように改良されたもので、新しい「和装」ですね。女性はぼかし染めの御高祖頭巾に、長い和装コートで、これまた最新ファッションです。
 御高祖頭巾といえば、もともとは身分の高い僧侶がつけていたもので、この名がありますが、女性の間に爆発的に流行したのは明治11年以降だそうです。
 もとは袖頭巾として着物の袖の形に布を縫って防寒用に被っていたものですが、明治になって、一枚の布を使って首の廻りに巻きつけたおしゃれアイテムになりました。色鮮やかで様々な文様の風呂敷があらわれるのも、この頭巾の流行が引き金だったといわれています。
 ほかにも、着物の襟元にくるくると布を巻きつけたスカーフ様のあしらいや、西洋人のストールをまねたいわゆるショールをつける女性などが、呉服屋の客の中に出現しています。
2009-04-15
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる