幕末のモデル

モデルさん

 幕末明治の女性をもう一人、いってみます。
 遣欧使節に随行したというほどの売れっ子?ではないのですが、写真館で撮影された女性で、おそらく当時の人気芸者さんではないでしょうか。新たに日本イ伝わった写真技術は、下岡蓮杖や上野彦馬が有名ですが、京都も近代化が早かった都市で、京都では堀与兵衛の写真館がありました。慶応元年ころ活動していて、凡そ、当時の写真は硬い表情のものが多いなか、満面の笑みを浮かべた珍しい中岡新太郎の写真が残っています。
 この女性も、堀与兵衛の写真館で撮影されたとされるものです(有名な西洋式の軍服を着た徳川慶喜の写真も、この写真館ではなかったか・・という説もあるそうです)。堀写真館は、プロの女性モデルを抱えていて、写真を撮りに来た武士達がモデルと一緒に撮影してもらうこともできたみたいです。笑う中岡さんも、もしかしたら綺麗なモデルさんを見て笑っているのじゃないかということを書いておられる方もいました。
 勿論、当時の写真ですから色はわかりませんが、かなり粋な女性ではないかと思われますので、浮世絵の芸妓の衣裳などで色をつけてみました。なお、堀与兵衛写真館には有名な市松文様の敷物があって、いろんな写真が皆この敷物の上で撮られているのですが、あえて、目をむいたような市松文様を無視しました。背景も、春なので桜にしてみました。 
2009-03-29
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる