アクバル大帝の象部隊兵

象部隊

 象部隊の兵士・・というより、象部隊の象です。
 ムガール帝国は、文字通りモンゴル人ですが、インドを支配していたので、いかにもインドらしいイメージの戦象部隊を持っていました。
 なにしろ、大砲や私財を運ぶにも馬や牛より身体も大きくて、力も強いので便利だったようですが、輸送部隊は主に雌の象を使い、派手な象鎧を着て戦場に出るのは体格の良い雄の象を使ったそうです。
 しかし、力が強いと言っても、もともとは、敵に対する威圧の効果と、乗っている人間を立派に見せ、部隊が集合する目印であり、指揮官が戦場での見晴らし・・という点で便利であったようです。
 アクバル大帝の時代になって、象を銃声に驚かぬように訓練し、小銃を持つ狙撃兵を乗せ、次第に、小型の大砲まで装着するようになって行ったそうです。
 またしても、イージーにオスプレイ・メンアットアームズシリーズの挿絵から。象兜?のみを着用している戦象です。全身を覆う鎧を着ている象もいました。
2009-03-18
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる