安底羅大将

anntera

 十二神将の一人、安底羅大将です。
 薬師如来の12の大願を守護する役目を持つ仏さまが十二神将だそうで、12という数から、それぞれに干支が割り当てられ、頭の上(髷の上か?)に干支の動物の顔をつけてみたり、あるいは、顔そのものが十二支になっているものもいますが、そもそもは、顔が干支になっているのは、発生が別のような気もします。
 それはともかく十二神将として有名なのは、奈良の新薬師寺のものです。日本最古の奈良時代の十二神将であり、等身大で、迫力ある造形ですし、土門拳のドUPの写真で超有名になりました。12人それぞれは、持っている武器や、守護する干支などに若干諸説があるそうで、造形によっては、かなりイメージが違うものがあります。
 矢を手にしているのも、必ずしも安底羅大将ではなく、また同じ神将が太刀や、如意棒?を持っているのもありますが、広隆寺の像の姿から兜を省いて描いてみました。「心中の邪悪な感情を除き、健全な精神をもたらす」のだそうで、心の底を安定させるのでしょうか、落ち着いた世の中になってほしいものです。守護する干支は申あるいは卯と言われています。 
2009-02-27
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる