インドのイギリス人

インドのイギリス人

 ヨーロッパの諸国が広くアジアにまで進出するようになると、イギリス・スペイン・オランダの各国で、勢力争いがおこりました。 
 東アジアを得意としたオランダと対抗していたイギリスは、東インド会社をおいて、インドを重大拠点とするようになりました。
 インドでのイギリスの国益にかなった活動は、インドを植民地化して、後には、直接支配することになりますが、このような時期にインドに赴任したイギリス人たちは、インドのカーストの更に上の階級と自らを位置づけ、インドの王侯貴族を真似て、宮廷のようなところで、インドの音楽や舞踊を楽しんだと言います。
 イギリス人の将校や外交官たちが、インドの衣裳を着て水タバコを飲み、女性達を侍らせ、音楽を聴く・・といったような絵も残っていますので、そのようなイギリス人を描いてみました。
2009-02-05
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる