ミュラ

ミュラ・ギリシャ

 ギリシャ神話の悲劇の女性(まだ「変身物語」にハマっています。ナポレオンの妹婿のミュラとは関係がありません)。
 木に変身するのは、ダフネのほうが有名かもしれませんが、ミュラは、禁断の恋の果てに、妊娠したまま木になってしまいました。
 キプロスのミュラは、アフロディティの恨みをかって(多分、本当に女神より美しかったのでしょう)、こともあろうに実の父キニュラスに恋してしまい、侍女の助けを借りて・・というか侍女のおせっかいで、母が9日間の祭祀で、留守をしている夜に父の寝室に忍び込み、ひそかな通い妻になります。
 据え膳食わぬは男の恥?・・のキニュラスも、まんざらでもなく、正体を知りたくなったキニュラスは、明かりで照らして、実の娘であることを知り驚愕。思わず、激怒して剣を抜き、娘を殺そうとするのですが、逃げ出した彼女は、悲しみながら9ケ月も彷徨い、アラビアにまでたどりついて力尽きます。哀れんだ神々は、彼女を木に変え、彼女の流した涙が、没薬(ミルラ)になったというのです。
 しかし、彼女は実父の子供を身ごもっており、木の幹から生まれ出たのがアドニスです。アドニスは、ミュラをひどい目にあわせたアフロディティ自身と、冥界の女王プロセルピナが取り合いをするほどの絶世の美少年ですが、結局、この女神たちの争いによって猪に化けたアレスの牙で死んでしまい、彼の流した血がアネモネになったという有名なお話です。
 で、このミュラの父キニュラスも、娘の去ったあと、自身の罪におののいて自害してしまったということですが、彼はかのピグマリオンの孫にあたります・・ということは、人形が生んだ子供の子供なのです! ギリシャ神話って・・・・けっこうブキミですね。 
2009-01-09
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる