黄初平

ひつじっこ

 黄初平は、中国の仙人です。
 羊飼いの少年であったときに、仙人に誘われて修行に出かけ、行方不明になりました。
 兄が40年後に、ある道士から、今も羊飼いをしていると言われて行ってみると、羊は一匹もいません。なんにもおらんじゃないか?と兄が言うと「羊はいますが、兄さんには見えないのです」と答えると、そこいらじゅうの石が全部羊になってしまいました・・。それがどうした・・というようなお話ですが、見ようとしないものには、目の前にあるものも見えない・・というような深遠な?解釈がなされ、画家にも好まれて、しばしば画題になっています。
 で、そこらじゅうが羊だらけ・・というのがなんとはなしに、おかしいイメージなので、こんな絵にしてみました。仙人ですから、40年たっても、まだ少年のまま・・ということで・・。
2008-12-13
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる