聖女マルガリータ

聖女マルガリータ

 マルガリータは、アンティオキアの出身で、異教徒の娘でしたが、キリスト教を深く信仰していました。その地の総督が、キリスト教を捨てて自分と結婚するように迫ったので、拒否したところ、拷問を受けて牢に落とされました。
 その入牢中に、悪魔がドラゴンの姿をとってあらわれ、彼女を飲み込んでしまいましたが、持っていた十字架でドラゴンの腹を割いて飛び出し、復活するというすさまじい聖人です。
 結局、斬首されて殉教しますが、最期に、竜の腹の中から無事出てきたことにより、以後、妊婦の安全を祈ったことから、出産の守護聖人とされます(腹を割かれたドラゴンの立場からすると、なんだか矛盾するよう気もしますが・・・)。
 華麗な衣裳をまとったお姫様のようなマルガリータが、ドラゴンから出て来る(生えている?)絵などがありますが、ちょっとだけリアルにしてみました。本当にこういうことがあれば、もっと血みどろだと思うのですが、聖女さまですから、さほど汚れたりしないのかも・・。
2008-12-07
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる