ロトの娘たち

ロトの娘たち

 今日も、旧約聖書ネタです。
 アブラムの甥にロトというのがいて、彼はソドムという町に住んでいました。かの有名なソドムで、この背徳の町を神が滅ぼそうとして、視察に来た「神の使い」を手厚くもてなしたので、ロトの一家は破滅の日に、町を脱出できました。
 逃げる途中に、決して振り向いてはいけないという約束を破ったロトの妻は、「塩の柱」!になってしまいますが、ロトは二人の娘を連れて生き延び、3人で山の洞窟で暮らしていました。
 洞窟での孤独な3人きりの生活では、娘たちは、女盛りなのに、嫁にゆくこともできず、従って、子供を持つこともできません。
 そこで、姉娘が妹に言うには「男はお父さんしかいないので、酔っ払わせて、子種をもらいましょう」との大胆発言。そして、姉娘は、葡萄酒をロトにたくさん飲ませて酔っ払わせ、まんまと床に忍び込んで首尾よく成功。
 翌日には「今度はあんたの番よ」と、またしても父親に大酒を飲ませ、妹を父の寝床に忍び入らせます。こうして、2人の娘は、子孫を残すことができた・・という物語ですが・・・・・これって、どうよ? 旧約聖書の中には、かなりきわどい話があって、これもその一つです。
 古来、画家の絵心(スケベ心?)を刺激するのか、いくつかの絵がありますが、姉妹は、どちらも同じ気持ちだったのかなあ? 妹は、まだ若いのに、まだまだ将来、どっかに生き延びている男と一緒になれたかもしれないでしょう。
 そろそろ、出産適齢期を過ぎつつある焦った姉にそそのかされたんじゃないの?・・なんて想像をしてみました。いやあ・・それにしても「子供を持ちたい」という女の価値観は、現代の意識とはかなり違うのかも。
2008-12-05
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる