エリザベス・オブ・ヨーク

エリザベス・オブ・ヨーク

 フランスもの?が続いたので、イギリスです。王室の争いで、名前ばかりが優雅な薔薇戦争は、赤薔薇の紋章を持つランカスター家と白薔薇の紋章を持つヨーク家との争いであり、その最後に、ランカスター家の王族ヘンリー・チューダーが、実力で王位を手に入れて終結しました。
 そのヘンリー7世となった彼の妻が、エリザベス・オブ・ヨーク
 ヨーク家のエドワードⅣの娘ですから、当然白薔薇の姫であり、対になる夫ヘンリー7世の肖像画には赤薔薇を手にしていて、白と赤の薔薇が融合したことを表わしています。チューダーローズというのがあって、それはピンク色・・ではなくて、中心の白薔薇を赤薔薇が囲むというデザインであったようです。
 この夫婦の次男が、かの次々と王妃をとっかえひっかえしたヘンリー8世であり、その子供がエリザベス女王ですが、長女の孫がメアリー・スチュワートです。
 赤と白が合体しても、なかなかと前途多難な王室であったようです。白薔薇を手にする貫禄の王妃です。
2008-11-14
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる