遊楽図の女

有楽図の女

  またしても屏風絵の風俗図です。
 安土桃山時代から、江戸時代初期にかけては、金箔などをふんだんに使った豪壮な屏風や襖絵など、迫力大画面時代でした。
 そのような大型壁掛けテレビ・・ではなく、大画面の題材のなかに風俗画があります。
 昨日は、月次絵屏風から華やかな衣裳を着た少年達を描きましたが、これらは戸外の状況ですが、江戸に入ってからは更に華やかな衣裳などを大きく描いた装飾画が流行し、室内遊楽図というものが描かれました。
 そうなれば、やはり遊郭などでの歌えおどれのドンチャン騒ぎ・・室内音楽の演奏風景などが好まれ、登場人物はやはりきれいどころということになります。
 有名な彦根屏風の女性の衣裳がなかなかに華やかだったので、それを着た姿を描いてみました。髪型は細見家の男女遊楽図の女性です。
2008-09-24
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる