胡服の女

胡服の女

 南北朝時代の北朝から出た統一王朝の隋・唐は、北方遊牧民的性格を持っていました。
 当時流行の服飾も、乗馬に便利な胡服が流行し、女性も馬に乗って出かけるようになったので、男装をすることもしばしばあったようです。
 唐代の傭には、このような男装(というより、女性の活動衣?)の侍女などがあります。
 前身ごろに華麗な装飾を施した別布をつけ、襟元を大きく開いて裏の文様を見せた衣裳の年若い女です。
2008-09-03
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる