草合わせ

くさあわせ

 扇面古写経に、子供たちが遊び戯れる絵がありますが、その中の一つに「草あわせ」があります。
 平安時代から盛んになった遊びで、五月五日などの初夏の時期に、持ち寄った野草を比べるようですが、同じ草を出し合うと点数になるとか、ルールはよく知りませんが、宮中で女官たちがやる、優雅な草あわせの場合は別として、道端で子供たちがやるなら、「最初はグ~ いんじゃんホイ」みたいなノリでやっていたのではないかと想像しました。
 遊び戯れる少女たちは、薄い単衣のみを身につけていて、袴をはいていないので、全身がスケスケ状態だというのも、夏らしくて面白いなと思います。 
2008-05-02
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる