ローマ軍の旗手

ローマ軍団

 昨日の寅は、中国の兵士のような姿をして、顔が虎で体が人間という獣面人身でしたが、そういえば、ローマの兵隊にもクマさんがいたな・・なんて思いつきました。
 兵士や、占い師などが、獣の姿をしてその動物の強さにあやかるのか、あるいは狩をする時に迷彩の役割をするように動物の姿をするのか、兜の上から毛皮を被るのは古い時代からあります。
 ヘラクレスやオムパレがライオンの皮を被っていたり、ディオニソスが豹の皮を着ているのは神話ですが、実戦をしたローマの軍団兵も狼の皮を被ったり、ほかの動物の皮を被ったりしていたそうです。
 共和制ローマの第4軍団の旗手を描いてみました。熊の毛皮を兜の上から被り、軍団の印を捧げていますが、第4軍団のマークは、猪ではなくて、雄豚だそうです。 
2008-03-13
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる