エンリケ2世

エンリケ二世

濃いめの絵にもどりますが、スペインの王様。
 カスティーリアの王で、トラスタマラ王朝の創始者
 とはいえ、王のアルフォンソ11世の息子であったことは確かですが(東洋ならば妾腹かどうか・・というのは、即位を妨げる決定的な理由になりませんが)、庶子であったので、トラスタマラ伯爵家の養子に入っていて、王子ではなかったのですね。
 正式に即位した異母兄弟のペドロ1世によって迫害を受け、母は殺され、自身も亡命して雌伏します。政治的な野心を持つ周辺王国の思惑を利用して(あるいは、利用されて)、ペドロ1世を処刑してただ1人の王になるまで、おおよそ20年近い、国土を疲弊させる兄弟喧嘩の末に王位に就きました。
 イザベル女王は子孫にあたりますが、青池保子「アルカサル」の敵役・・ということのほうが有名ですよね。メゲない悪役として延々とがんばりますから。
 肖像画は、なにやら鎧の上に、スルタンが着る東洋風のカフタンのようなものをまとって、ターバン様の帽子を被っています。グラナダ王国などの影響を受けているのでしょうか?
2008-02-20
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる