ナポレオン2世

ナポレオン二世

 「怪帝」ナポレオン3世を出したので、大ナポレオンとの間に忘れられたような人物がナポレオン2世(ナポレオン3世より3歳年下の従兄弟です)。
 ナポレオン・フランソワ・シャルル・ジョゼフ・ボナパルトは、かのハプスブルグのお姫様マリー・ルイーズとナポレオンとの間に生まれた一人息子。
 生まれてすぐにローマ王となったので幼児の絵が有名です。本来であれば、大帝国の跡継ぎのはずでしたが、3歳の時に父は退位し、母とともにオーストリアに去りました。
 その後母は、愛人に夢中になり、彼がいたことなどすっかり忘れてしまったので、陰険なメッテルニヒの庇護(監視)?下に孤独に育ちました。10歳のときにナポレオンが死に、母は長年の愛人と正式に結婚したので、ライヒシュタット公となり「ひとり立ち」せざるを得ませんでした。
 監視生活は続いていたものの、聡明に育っていたそうですが、結核にかかって21歳で病死しました。
 幼児の頃の可愛いローマ王の肖像画、もう少し育った少年期のとても賢そうな肖像画、青年期の肖像画も、どれも、どこか淋しげでひ弱な感じに見えますが、巻き毛の金髪で、ハプスブルグっぽい下唇ながら、ナポレオンにも似ています。額縁にいれてみました。
2008-01-20
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる