ローマの俳優

ローマの俳優

 古代ローマの民衆のアイドルといえば、剣闘士と戦車競技者は2大スターでしょうが、もう一つ忘れてはならないスターは芝居の俳優でしょう。
 人気俳優には、それこそ、大勢の女性がとりかこみ、花を送り、プレゼントの嵐・・まあ、現代とそう変わらないかもしれません。しかも芝居に入れ込むのは女性ばかりではなく、アウグストゥスが芝居好きで、自ら脚本を書こうとしていたそうですし、今も残る彼の部屋の壁には芝居の仮面が描かれています。いうまでもなくネロなどは、自ら舞台にたち、自作の詩を朗読し、竪琴を引いて歌ったのですから、舞台アイドルは相当な魅力があったのでしょう。
 古代ローマを扱って面白い「ファルコシリーズ」(私達のサイトではこちらとこちら)の第6話(砂漠の守護神)では、ファルコ自身が脚本家になり、自ら幽霊の役でアドリブが暴走する舞台に立ったり、しっちゃかめっちゃかのドラマになっていて、とても面白いです。
 ローマ時代の壁画から、仮面を被ろうとする舞台俳優を描いてみました。

 2008-01-17
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる