藤原純友

純友

  平将門とセットにされることが多い平安の反逆者藤原純友ですが、彼らが若い日に出会っていて、比叡山の上で、「オレは関東で旗揚げするからお前は西国で兵を挙げろ。そして天下を奪った時には、おれが天皇にお前が関白に」と約束したという伝説がありますが、出来すぎた話です。
 実際に彼らが呼応して兵を上げたかどうかわかりませんが、時期的に東西で反乱を起こされては朝廷はたまったもんではなかったでしょうね。怨霊になったりして伝説のヒトとなっていった将門に対し、藤原純友はジミで、怨霊になったわけでもありませんが、瀬戸内海を支配した海賊の頭領はかなり実力者でしょう。
 もともと名門北家の出身(父親が、かの藤原時平の従兄弟、つまりお祖父さんが藤原基経の弟)で、世が世なら摂政関白をやる家柄ですから、出世街道をはずれた不満があった・・などと言われています。
 しかしわずかな期間でついえた将門の乱より2年間にもわたって勢力を振るって、京都に迫る勢いであった彼の反乱のほうが、より重大事件であったかもしれません。
2007-12-29
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる