トマス

トマス

 十二使徒の一人トマス(トマ)は、疑り深い、あるいは実証的とされる人物です。その名前に「双子」という意味があるので、キリストの双子の弟だ・・とか、また誰かの双子だ・・あるいは、双子のように信仰と実証を表すとか、色々言われています。
 他の弟子達がキリストの復活を「我々は見た」と言うのを聞き、「私は槍の傷を見、その傷に手を入れてみないと信じない」と疑ったので、キリストは再び、彼の前に姿を現し、実際に傷に指を入れてみよと言い、そのとおりにさせたということです。よく、絵に描かれる場合は、キリストのわき腹の傷に指を入れている人物がトマスです。
 クリスマスが近づくと、やたらと聖書物語などをひっくり返す、ミーハーな私ですが、今日は、そのトマスが、尚、まだ疑いながら、指を差し伸べている・・というイメージです。
2007-12-10
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

乱読F

Author:乱読F
歴史上の人物を沢山描きたい・・。
実在・架空2000人描き

アルバム
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる